[メニューに戻る]
入門書


子供向け入門書 [850] [修正・削除]

子供向け囲碁入門書を集めてみました。


いちばんわかる囲碁の基本入門 [671] [修正・削除]

白江 治彦著
図解でゲームのしくみ、進め方などを小学生でも簡単に理解できるように易しく解説。しかしこういう題名の本に限ってわかりずらいとしたもの。
2003年7月,西東社,1800円


囲碁の必殺ワザ(キミにもできる!必殺ワザ 1) [553] [修正・削除]

横内 猛著
囲碁はなかなか難しいという常識を覆し、初心者から打てるようになるコツを教えます。このシリーズでいっぱい必殺ワザをおぼえちゃおう!
2003年7月,ポプラ社,700円


こども囲碁教室初級突破のイメージ・トレーニング [570] [修正・削除]

横内 猛著
「囲碁脳」を習得するためのイメージトレーニングを紹介し、囲碁独特の思考方法を身に付けられるよう編集。囲碁の特性「読みの立体構造」について図を用いて、わかりやすく解説する。
2003年5月,誠文堂新光社,800円


囲碁のひみつ(学研まんが新ひみつシリーズ) [558] [修正・削除]

平本 弥星監修
囲碁の世界、歴史やプロ棋士のすべてなど、囲碁のいろいろなひみつをまんがでわかりやすく紹介。知って得するまめちしきや、くらしの中の囲碁なども掲載。
2003年5月,学研,880円


囲碁の達人 3 達人の19路盤 [77] [修正・削除]

小林 千寿著
楽しくてわかりやすい囲碁入門書。3巻は、囲碁のプロが打つ19路盤を解説。布石の構想、定石の知識などがやさしく理解できる。天才宇太郎の名勝負の数々を、本人から聞いた講話会の記録。
1992年10月 ブレーンセンター 602円


よくわかる囲碁 [162] [修正・削除]

藤沢秀行著
初めての人にもよくわかるよう、名人・藤沢秀行が解説。読んでいるだけで囲碁の楽しさ、奥深さが伝わってくる入門書。
2001年3月,東京書店,1400円


マンガ囲碁必勝法 [171] [修正・削除]

藤井ひろし著
小学5−6年生を対象にした囲碁入門書。知っていると実戦で役に立つことわざや格言を、マンガでわかりやすく解説。
2001年2月,山海堂,1000円


はじめてでもよくわかる囲碁 [184] [修正・削除]

新星出版社編集部編
小学3−4年生、小学5−6年生を対象とした囲碁入門書。大きな文字と石のイラストで見やすさ、分かりやすさバツグン。
2001年2月,新星出版社,950円


みんなの囲碁入門 [195] [修正・削除]

梅沢由香里監修
ルール、陣地の作り方、石の生き死になどの初歩から、複雑な囲碁を解き明かす。
2000年8月,池田書店,1000円


碁をはじめたい人に [199] [修正・削除]

加納嘉徳著
囲碁をはじめたい人のために、文章はつとめて平易に、図は大きく、そして写真もふんだんに使って解説。
1992年8月,成美堂出版,960円