竜星戦
Ryusei Tournament

中国囲棋協会主催、日本SCJ株式会社助賛。2006年創設。2006年11月6、7、8、9日ネットワーク予選。第1期(参加資格は2006年度に中国囲碁協会の証明を持つプロ棋士と2006年新入段棋士。ネット予選で16人が選抜され本戦入り。本戦は99人の棋士がトーナメント戦を争い、8人が決勝トーナメントに進出。決勝トーナメントは連敗淘汰方式。2006年11ー12月本戦、2006年12月―2007年1月八強戦、)は決勝戦は1番勝負。第2期から3番勝負。今後は2年ごとに開催される。一手30秒の早碁。優勝賞金は12万元、準優勝は3万元。本戦、決勝トーナメントの対局料は2500元。

優勝者 コメント
8 2017 柯潔九段(19) (2017年7月26日)決勝3番勝負第2局(北京)が行われた。
柯潔九段(19)○−●李欽誠九段(18), W+R (270手)
(2017年7月25日)決勝3番勝負第1局(北京)が行われた。
柯潔九段(19)○−●李欽誠九段(18), B+R (???手)
7 2016 半c廷九段(20) (2016年1月28日)決勝3番勝負第2局(北京)が行われた。
陳耀Y天元(26)●−○半c廷九段(20), B+3/4
(2016年1月27日)決勝3番勝負第1局(北京)が行われた。
陳耀Y天元(26)●−○半c廷九段(20), W+R (248手)
6 2015 柁嘉熹九段(23) (2015年1月9日)決勝3番勝負第3局(北京)が行われた。
柁嘉熹九段(23)○−●檀嘯七段(21), B+3/4 (263手)
(2015年1月7日)決勝3番勝負第2局(北京)が行われた。
柁嘉熹九段(23)●−○檀嘯七段(21), W+1/4 (330手)
(2015年1月4日)決勝3番勝負第1局(北京)が行われた。
柁嘉熹九段(23)○−●檀嘯七段(21), W+R
5 2014 古力九段(30) (2014年1月12日)決勝3番勝負第3局(北京)が行われた。
古力九段(30)○−●六段(24), W+R (258手)
(2014年1月10日)決勝3番勝負第2局(北京)が行われた。
古力九段(30)○−●六段(24), B+R (145手)
(2014年1月3日)決勝3番勝負第1局(北京)が行われた。
古力九段(30)●−○六段(24), B+R (215手)
4 2012 毛睿龍四段(22) (2012年12月21日)決勝3番勝負第2局(北京)が行われ、毛睿龍四段(22)が2勝0敗で優勝した。
毛睿龍四段(22)○−●柁嘉熹三段(21), W+R (180手)
(2012年12月20日)決勝3番勝負第1局(北京)が行われた。
毛睿龍四段(22)○−●柁嘉熹三段(21), B+3/4 (265手)
(2012年12月10日)準決勝戦第2局(北京)が行われた。
時越●−○柁嘉熹
(2012年12月5日)準決勝戦第1局(北京)が行われた。
范廷ト●−○毛睿龍
3 2011 六段(22) (2011年12月21日)決勝3番勝負第2局が行われ、六段(22)が2勝0敗で優勝した。
六段(22)○−●王昊洋六段(23):180手白番中押勝ち
(2011年12月19日)決勝3番勝負第2局が行われた。
六段(22)○−●王昊洋六段(23):263手黒番中押勝ち
(2011年10月25日)準決勝戦第2局が行われた。
王昊洋六段(23)○−●黄晨五段:156手白番中押勝ち(棋譜)
(2011年10月24日)準決勝戦第1局が行われた。
六段○−●謝赫七段:188手白番中押勝ち(棋譜)
(2011年1月16日)本戦64強戦が行われた。
王檄 ○−● 連笑
郭聞潮 ○−● 孫騰宇
党毅飛 ○−● 唐韋星
江維傑 ○−● 王磊
朴文尭 ○−● 孟泰齢
韓ヨ ○−● 楊一
王昊洋 ○−● 牛雨田
檀嘯 ○−● 柁嘉熹
陳耀Y ○−● 毛睿龍
朱元豪 ○−● 張維
黄晨 ○−● 李劫
黄奕中 ○−● 常昊
彭立尭 ○−● 邱峻
馬暁春 ○−● 付冲
范廷ト ○−● 兪斌
周睿羊 ○−● 李康
蔡競 ○−● 孔傑
崔燦 ○−● 鄒俊傑
張涛 ○−● 王尭
李 ○−● 周鶴洋
王雷 ○−● 鶉光亜
馬笑冰 ○−● 厳歓
張立 ○−● 彭筌
古力 ○−● 鍾文靖
謝赫 ○−● 孫力
汪涛 ○−● 藍天
張亜博 ○−● 曹大元
劉星 ○−● 丁烈
胡耀宇 ○−● 時越
丁偉 ○−● 王U輝
董彦 ○−● 朱松力
廖行文 ○−● 古霊益
2 2010 古霊益五段(18) (2010年3月2日)決勝3番勝負第3局が行われ、古霊益五段(18)が2勝1敗で優勝した。優勝賞金は8万元、準優勝は3万元。
古霊益五段(18)○−●王檄九段(26):177手黒番中押勝ち
(2010年3月1日)決勝3番勝負第2局が行われた。
古霊益五段(18)○−●王檄九段(26):190手白番中押勝ち
(2010年2月??日)決勝3番勝負第1局が行われた。
王檄九段(26)○−●古霊益五段(18):勝ち
(2008年4月??日)第2回竜星戦が2008年4月から2009年4月の予定で開始された。
(2008年4月??日)今回から決勝戦は3番勝負になった。
1 2008 古力九段 (2007年1月19日)決勝戦は古力九段が孔傑七段を黒番中押勝ちで下し、優勝した。
(2006年12月27日)準決勝3番勝負第3局が行われた。
古力九段○−●胡耀宇八段:黒番中押勝ち
(2006年12月25日)準決勝3番勝負第2局が行われた。
胡耀宇八段○−●古力九段:黒番中押勝ち
孔傑七段○−●柁嘉熹三段:黒番中押勝ち
(2006年11月7日)準決勝3番勝負第1局が行われた。
古力九段○−●胡耀宇八段:黒番1点勝ち
(2006年11月5日)準決勝3番勝負第1局が行われた。
孔傑七段○−●柁嘉熹三段:白番中押勝ち
(2006年10月26日)八強戦が行われた。
孔傑七段○−●王磊八段:黒番中押勝ち
古力九段○−●周睿羊四段:白番1点勝ち
柁嘉熹三段○−●王檄九段:白番中押勝ち
胡耀宇八段○−●陳華耀五段:白番1点勝ち

最終更新日: 2017年7月26日