大舟杯プロシニア最強者戦
Shinia Pro Strong Tornament

大舟杯は韓国棋院の年長棋士が開催する棋戦。第3回までは満50歳以上の棋士だけが参加したが、第4回からは満30歳以上の女子棋士も参加可能となった。優勝1000万ウォン、準優勝300万ウォン。第1回から第4回までは囲碁TV主催、TMマリン後援だった。

優勝者 コメント
7 2020 趙恵連九段(34) (2020年4月10日)決勝1番勝負はが行われた。
金栄桓九段(49)●−○趙恵連九段(34), W+0.5 (291手)
6 2019 崔珪モ九段(56) (2019年6月4日)決勝1番勝負はが行われた。
崔珪モ九段(56)○−●趙恵連九段(33)
5 2018 趙治勲九段(61) (2018年4月23日)決勝1番勝負は趙治勲九段(61)が初優勝した。優勝賞金1000万ウォン。
趙治勲九段(61)〇−●趙恵連九段(32), W+R (200手)

4 2013 ゙薫鉉(チォ・フンヒョン)九段(60) (2011年12月27日)決勝1番勝負ば薫鉉(チォ・フンヒョン)九段(60)が優勝した。優勝賞金1000万ウォン。
゙薫鉉(チォ・フンヒョン)九段(60)〇−●崔珪モ九段(50)
3 2012 徐能旭九段(54) (2011年12月27日)決勝1番勝負は徐能旭九段(54)が優勝した。優勝賞金1000万ウォン。
徐能旭九段(53)〇−●徐奉洙九段(59)
2 2011 徐能旭九段(53) (2011年12月27日)決勝1番勝負は徐能旭九段(53)が初優勝した。優勝賞金1000万ウォン。
徐能旭九段(53)〇−●゙薫鉉(チォ・フンヒョン)九段(58):175手黒番中押勝ち
1 2010 ゙薫鉉九段(57) (2010年12月24日)決勝3番勝負第2局ば薫鉉(チォ・フンヒョン)九段(57)が2勝0敗で優勝した。優勝賞金700万ウォン。
゙薫鉉(チォ・フンヒョン)九段(57)〇−●徐奉洙九段(57):黒番2目半勝ち
(2010年12月22日)決勝3番勝負第1局が行われた。
゙薫鉉(チォ・フンヒョン)九段(57)〇−●徐奉洙九段(57):白番12目半勝ち

最終更新日: 2020年4月10日