韓中日台英才戦
Internasional Eisai tournament

2013年、創設。全羅北道扶安郡出身の河燦錫国手が創設し、韓国棋院主催、扶安郡賛助、扶安郡囲碁協会協賛で、韓国陜川郡選手権戦英才囲碁大会の後続。第5回大会から中国、日本が参加、第6回から台湾が参加している。優勝賞金500万ウォン、準優勝300万ウォン、第3位200万ウォン、第4位100万ウォン。(同順位の者が複数の場合は勝者が優勝。三人の場合は共同優勝とする)。

優勝者 コメント
6 2018 韓国・朴R洙二段(17) (2018年3月28日)第3回戦(最終戦)が行われ、[韓]朴R洙二段(17)が優勝、[日]大西竜平三段(18)が準優勝した。
[台]許皓メ五段(16)●−○[韓]朴R洙二段(17), B+1.5 (283手)
[日]大西竜平三段(18)○−●[中]陳豪金三段(14), B+R (199手)
(2018年3月27日)第2回戦が行われた。
[台]許皓メ五段(16)●−○[日]大西竜平三段(18), B+R (255手)
[中]陳豪金三段(14)○−●[韓]朴R洙 二段(17), W+R (188手)
(2018年3月26日)第1回戦が行われた。
[台]許皓メ 五段(16)○−●[中]陳豪金三段(14), W+R (156手)
[日]大西竜平三段(18)●−○[韓]朴R洙二段(17), W+R (188手)
5 2017 中国・許嘉陽五段(17) (2017年3月16日)第3回戦(決勝戦)が行われた。
中国・許嘉陽五段(17)○−●韓国・y玄準三段(18):193手黒番中押勝ち
(2017年3月15日)第2回戦が行われた。
韓国・y玄準三段(18)○−●日本・広瀬優一初段(16):黒番中押勝ち
(2017年3月14日)第1回戦が行われた。
中国・許嘉陽五段(17)○−●日本・広瀬優一初段(16):白番半目勝ち
4 2016 韓国・???
3 2015 韓国・???
2 2014 韓国・???
1 2013 韓国・???

最終更新日: 2018年3月27日