未来之新鋭最強戦
Mirai Cup / Internasional New Star Strongest tournament

未来の星新鋭最強戦は2015年創設。睦鎮碩九段の父親の睦怡均先生が新鋭棋士のために個人独力で賛助して創設された。第1回は韓国国内戦として行われ、2013年以降入段の34人の新鋭棋士が参加した。第2回から世界戦となり、韓国棋院が共同主催することになった。16人(韓国9名、中国2名、日本2名、台湾2名、シード1名(国籍は問わない))が参加して、2017年1月5日から15日に行われる。優勝賞金1000万ウォン、準優勝600万ウォン。

優勝者 コメント
2 2017 韓国・金明訓四段(19) (2017年1月15日)決勝戦3番勝負第2局が行われた。
[韓]金明訓四段(19)○−●[韓]朴河文二段(18), W+R (236手)
(2017年1月14日)決勝戦3番勝負第1局が行われた。
[韓]金明訓四段(19)○−●[韓]朴河文二段(18), B+R (147手)
(2017年1月12日)第3回戦(4強戦)が行われた。韓国2人が勝ち抜いた。
[韓]朴河文二段○−●[中]李維清四段, W+R (154手)
[韓]韓昇周四段●−○[韓]金明訓四段, B+4.5 (318手)
(2017年1月11日)第2回戦(8強戦)が行われた。韓国3人、中国1人が勝ち抜いた。
[韓]朴河文二段○−●[韓]宋相勳三段, W+R (160手)
[韓]朴蒼溟初段●−○[中]李維清四段, W+R (146手)
[韓]韓昇周四段○−●[韓]崔宰榮三段, B+R (253手)
[韓]朴材根二段●−○[韓]金明訓四段, B+R (169手)
(2017年1月9日)トブリルリミネイション3ラウンド第3回戦(16強戦)が行われた。
A組:[中]将其潤三段●−○[韓]朴河文 二段, B+3.5 (257手)
B組:[韓]宋相勳三段○−●[日]小池芳弘初段, B+R (183手)
C組:[台]簡靖庭二段●−○[韓]朴蒼溟 初段, B+R (187手)
D組:[中]李維清四段○−●[韓]金多瑛 初段, B+3.5 (315手)
(2017年1月8日)トブリルリミネイション3ラウンド第2回戦(16強戦)が行われた。
[勝者組]
A組:[中]将其潤三段●−○[韓]朴材根 二段, W+R (164手)
B組:[韓]韓昇周四段○−●[日]小池芳弘初段, B+R (155手)
C組:[韓]金明訓四段○−●[台]簡靖庭 二段, W+R (170手)
D組:[中]李維清四段●−○[韓]崔宰榮 三段, B+R (211手)
[敗者組]
A組:[日]小山空也三段●−○[韓]朴河文二段, B+R (129手)
B組:[韓]宋相勳 三段○−●[台]ョ均輔二段, B+R (193手)
C組:[台]兪俐均 初段●−○[韓]朴蒼溟初段, B+R (139手)
D組:[韓]金多瑛 初段○−●[韓]金昌勳初段, B+R (149手)
(2017年1月7日)トブリルリミネイション3ラウンド第1回戦(16強戦)が行われた。
A組:[日]小山空也三段●−○[韓]朴材根二段 [中]将其潤 三段○−●[韓]朴河文二段
B組:[台]ョ均輔 二段●−○[韓]韓昇周四段 [日]小池芳弘初段○−●[韓]宋相勳三段
C組:[台]兪俐均 初段●−○[韓]金明訓四段 [台]簡靖庭 二段○−●[韓]朴蒼溟初段
D組:[中]李維清 四段○−●[韓]金多瑛初段 [韓]金昌勳 初段●−○[韓]崔宰榮三段
(2017年1月7日)第2回未来之新鋭最強戦の出場者は以下の通り。
韓国(9人):朴材根二段、崔宰榮三段、金明訓四段、韓昇周四段、宋相勳三段、朴河文二段、朴蒼溟初段、金昌勳初段、金多瑛初段
中国(2人):李維清四段、将其潤三段
日本(2人):小山空也三段、小池芳弘初段
台湾(2人):簡靖庭二段、ョ均輔二段
シード(1人):兪俐均初段
1 2016 朴材根初段 第1回は韓国の国内戦として行われ、朴材根(パク・ジェグン)初段がチェ・ジェヨン二段を下し、優勝した。

最終更新日: 2017年1月15日