賀歳杯中日韓新春争覇戦
Saiga Cup Tournament

中国の春節に行われる中国・CCTVの旧正月番組棋戦。2013年に中国棋士が6個の世界戦で優勝したことから、2014年の賀歳杯は6つの世界戦で優勝した中国の棋士で第1次予選を行い出場選手を決定した。韓国、日本は中国棋院が招待選手を決める。優勝賞金80万元、準優勝賞金40万元、第3位賞金20万元。

優勝者 コメント
5 2017 中国・柯潔九段(19) (2017年1月31日)決勝戦が行われ、[中国]柯潔九段(19)が優勝した。
[日本]井山裕太九段(27)●−○[中国]柯潔九段(19), W+R (198手)
(2017年1月30日)準決勝戦第2局が行われた。
[韓国]朴廷桓九段(24)●−○[中国]柯潔九段(19), W+R (218手)
(2017年1月29日)準決勝戦第1局が行われた。
[日本]井山裕太九段(27)○−●[中国]柯潔九段(19), W+R (202手)
4 2016 中国・柯潔九段(18) (2016年2月11日)決勝戦は中国の柯潔九段(18)が、優勝した。日本は一力遼(18)が出場した。
[韓国]李世石九段(35)●−○[中国]柯潔九段(18), W+R (202手)
3 2015 中国・柁嘉熹九段(24) (2015年2月22日)決勝戦は中国の柁嘉熹九段(24)が、優勝した。日本は村川大介八段(24)が出場した。
[韓国]金志錫九段(25)●−○[中国]柁嘉熹九段(24), W+R (202手)
2 2014 中国・時越九段(23) (2014年12月6日)決勝戦は中国の時越九段が優勝した。この年から国際棋戦になった。韓国は李世石九段が出場した。
[中国]時越九段(23)○−●[日本]村川大介七段(23)
1 2013 中国・時越九段(22) (2013年1月6日)決勝戦は時越五段が優勝した。2013中国甲級リーグの最優秀選手と最優秀主将が戦った。
時越五段(22)○−●古力九段(30)

最終更新日: 2017年1月31日